【婚活漫画】 控えめだけど理想が高い30歳の女(第5話)

今回のあらすじ

彼から急に返信がこなくなったが、1ヶ月ぶりにメッセージが来た。 「会社がピンチで緊急でお金を貸して欲しい」とのこと。 本当に困ってそうだったので5万円だけ渡すけいこ。 それ以降は普通に会おうとしても話を逸らされて会ってくれなくなった。 会う約束をしても直前でドタキャンされる事が増えた。 普通こんな扱いをされたら、怒ったり縁を切るのが正解なのかもしれない。 でもそれが出来なかった。彼の連絡を待ってしまう自分がいた。彼のことが好きだった。信じていたかった。